風巻景次郎「中世の文学伝統 日本文学論」(画像版)001




風巻景次郎「中世の文学伝統 日本文学論」
風巻景次郎(かざまき けいじろう)さんは、1902年〈明治35年〉5月22日 - 1960年〈昭和35年〉1月4日)日本の国文学者。

兵庫県に平田家の子として生まれ、生後すぐ京都の風巻家養子となる。
第八高等学校を経て1926年東京帝国大学国文科卒業後、1927年大阪府女子専門学校(のちの大阪府立大学)教授、1932年長野県女子専門学校(のちの長野県短期大学)教授、1935年上京し日本体育会体操学校(のちの日本体育大学)教授、1938年東京音楽学校(のちの東京芸術大学音楽学部)教授、1942年文部省勤務、1944年清水高等商船学校(のちの東京海洋大学海洋工学部)教授、北京輔仁大学に赴任、敗戦によってこれを辞し、1946年帰国、法政大学などの講師を務めたのち、1947年北海道大学教授、1957年附属図書館長、1958年関西大学教授。(ウィキペディアより)

[底本]
タイトル 中世の文学伝統:日本文学論
著者 風巻景次郎 著
出版者 角川書店
出版年月日 昭和23
シリーズ名 飛鳥新書;20
インターネット公開(保護期間満了)

風巻景次郎「中世の文学伝統 日本文学論」は、国立国会図書館ウェブサイトから転載した画像に修正・加工をくわえて、みやすくしました。
具体的には縦の長さを90%に圧縮して、ページ全体が画面におさまるように加工したページがあります。
この本は著作権フリー(編集加工もふくむ)ですので、ご自由に利用してください。

風巻景次郎「中世の文学伝統 日本文学論」(画像版)001

風巻景次郎「中世の文学伝統  日本文学論」00001.jpg
風巻景次郎「中世の文学伝統  日本文学論」00002.jpg
風巻景次郎「中世の文学伝統  日本文学論」00003.jpg
風巻景次郎「中世の文学伝統  日本文学論」00004.jpg
風巻景次郎「中世の文学伝統  日本文学論」00005.jpg
風巻景次郎「中世の文学伝統  日本文学論」00006.jpg
風巻景次郎「中世の文学伝統  日本文学論」00007.jpg
風巻景次郎「中世の文学伝統  日本文学論」00008.jpg
風巻景次郎「中世の文学伝統  日本文学論」00009.jpg
風巻景次郎「中世の文学伝統  日本文学論」00010.jpg





お腹の脂肪面積が平均20平方cmも減少した方法について

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法