大下宇陀児「黒星団の秘密」(画像版)001


大下宇陀児「黒星団の秘密」

大下 宇陀児(おおした うだる、1896年(明治29年)11月15日 - 1966年(昭和41年)8月11日)さんは、日本の探偵小説作家。本名、木下龍夫。別名、XYZ。

1896年(明治29年)、長野県上伊那郡中箕輪村(現箕輪町)に父・甚五郎、母・やすのもとに生まれる。旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)、第一高等学校へ進む。1921年(大正10年)、九州帝国大学(現在の九州大学)工学部応用化学科を卒業。農商務省臨時窒素研究所に勤務。同僚の甲賀三郎の探偵小説文壇における活躍に触発されて探偵小説を書き始めた。(Wikipediaより)

[底本]
タイトル 黒星団の秘密
著者 大下宇陀児 著
出版者 青柿社
出版年月日 昭和23
インターネット公開

大下宇陀児「黒星団の秘密」は、国立国会図書館ウェブサイトから転載した画像に修正・加工をくわえて、みやすくしました。
具体的には縦の長さを90%に圧縮して、ページ全体が画面におさまるように加工したページがあります。
この本は著作権フリー(編集加工もふくむ)ですので、ご自由に利用してください。

大下宇陀児「黒星団の秘密」(画像版)001

大下宇陀児「黒星団の秘密」00001.jpg
大下宇陀児「黒星団の秘密」00002.jpg
大下宇陀児「黒星団の秘密」00003.jpg
大下宇陀児「黒星団の秘密」00004.jpg
大下宇陀児「黒星団の秘密」00005.jpg
大下宇陀児「黒星団の秘密」00006.jpg
大下宇陀児「黒星団の秘密」00007.jpg
大下宇陀児「黒星団の秘密」00008.jpg
大下宇陀児「黒星団の秘密」00009.jpg
大下宇陀児「黒星団の秘密」00010.jpg



posted by Ventvert at 04:58 | 大下宇陀児「黒星団の秘密」(画像版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする